毎日飲むようにしています

妊娠を要望して妊活を始めた時点から、葉酸サプリの摂取を始める事が良いとされています。

お腹に子どもが出来る前に、十分な葉酸が体の中に蓄積されている事が、お腹の中の胎児の先天性奇形の予防のためにはとても効果的なのです。

もちろん、妊娠3ヵ月頃までは続けて摂取する事が大事になってきます。

特に妊娠初期には、胎児の発育を助け、障害発生のリスクを下げる大事なビタミンだと、妊娠した女性にはママニック葉酸の重要性がだいぶ浸透しています。

しかし、妊娠がわかってからでは、ママニック葉酸の摂取は遅いのではないかという厳しい意見もあります。

と言うのも、妊娠に気づく前から継続して必要な量のママニック葉酸を摂っていくことが赤ちゃんの発育という観点から見れば大事だからです。

理想的には、赤ちゃんがほしいと思ったらママニック葉酸を摂り始めることが赤ちゃんのためには良いのです。

妊娠の可能性がある方や、妊娠中の方はママニック葉酸と呼ばれるビタミンを多めに摂ってほしいのです。

ママニック葉酸サプリの効果は、地味な栄養素ですが、胎児の発育を促す役割や、細胞分裂を促進する役割を果たしてくれます。

ブロッコリーや芽キャベツ、枝豆などの他、葉物の野菜にも多量の含有を期待できます。

でも、市販のサプリメントでも十分な量が摂れるのでいつも野菜が足りていないと考える人、先に挙げたような野菜が苦手だという人にはうまく利用してほしいですね。

私が妊娠した際、ひたすらママニック葉酸サプリを使うのを勧めらたのですが、副作用がないか心配でした。

産まれてくる赤ちゃんのために飲もうと思っているのに、赤ちゃんに悪影響なら、逆効果だからです。

そこで、買う前にさまざまと調べてみたのですが、良い質のママニック葉酸サプリであれば、摂りすぎない限りは副作用はないとのことでした。

そんなママニック葉酸サプリを飲み始めるようになってから、肌の調子や体が疲れにくくなりました。

そのため、高品質のママニック葉酸サプリを毎日飲むようにしています。

 

 

食べ切れるわけがありません

仕事で褒められたので、自分へのご褒美にケーキを買いました。

ものすごく浮かれていたので、全ての種類のケーキを1つずつ、更にシュークリームも一箱買ってしまいました。

家に帰ると、父はケーキの箱を両手にさげている私を見て、誰かの誕生日だったかと慌てふためきました。

仕事で褒められたお祝いだと話すと、ほっと胸をなでおろしてから、ばっと勢い良く顔を上げて、めでたいじゃん!と拍手してくれました。

父がピザとチキンを出前で頼み、まるでクリスマスのようなご馳走になりました。

やっぱり私の父だなあと思ったのは、出前で頼んだ量です。

うちは4人家族なのですが、特に大食いでもないのに、4枚のLサイズピザと4箱のチキンがきました。

1人1ピザと1箱チキンですから、食べ切れるわけがありません。

案の定、ピザもチキンもあまり、ケーキは食べる余裕がありませんでした。

お腹いっぱいで唸る私と父を見ながら、母が「買い物が豪快なところが本当にそっくりよね」と笑っていました。

その後、仕事から帰ってきた兄が、冷蔵庫を開けてから閉め、もう一度開けて「ビールいれるとこないんですけど!なんなんこれ!」と爆笑していました。

兄がケーキを食べている時、一口せがんだら「食い過ぎで吐くなよ」と笑いながらわけてくれました。

美味しかったです、ケーキ。

もちろんピザもチキンも美味しかったですが!

私は父似で、兄は母似のボケ2人としっかりもの2人の、いいバランスの自慢の家族です。

ただ一つだけ問題なのが、私がすごい便秘だということです。

大食いした翌日でも、中々お通じがないので、スマホで色々検索して、藍の快調サポートという便秘に効くサプリを購入しました。

藍の快調サポートの効果は、食物繊維とオリゴ糖などの成分が、腸内環境を整えてくれて、便秘の改善にいいみたいです。

なので、藍の快調サポートが早く届くのを、今か今かと心待ちにしています。

 

 

大変にキツイ症状になります

運動不足によると、筋肉が弱くなるだけでなく、体の不調も起こってきますよね。

特に女性に多く見られる症状の一つは、便秘状態です。

そんな便秘状態を改善するには、ヤクルトやカルピス、ヨーグルトなどの乳酸菌入りの飲み物や食べ物が効果的だと言われています。

また、乳酸菌は、インフルエンザやアトピーにも効果があることが研究成果で判明しています。

特に赤ちゃんがインフルエンザに感染したら、きわめて大変なことになり兼ねません。

まだ体力が未熟なあかちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えうるのかが案じられます。

その結果、インフルエンザで死亡する赤ちゃんも結構いるそうです。

インフルエンザが流行っている時には、あかちゃんを外の空気に触れ指せない方が正解かも知れません。

しかし、インフルエンザの症状を、ワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。

でも、ここ最近の研究では、インフルエンザを予防するには、乳酸菌は効果が高いということが分かっています。

なので、常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力がアップして、インフルエンザ予防になったり、症状を軽減する効果が高まります。

さらに、アトピーになると、赤ちゃんも大変にキツイ症状になります。

季節関係なしに、1年中、我慢しがたいかゆみとの格闘になります。

特に夏場の汗はかゆみを増大し、冬場になると乾燥でかゆみが増します。

また、アトピーの人はアレルギーがあることも多く、誤って食べてしまうと、かゆみだけに留まらず、腫れたり、呼吸困難になってしまう可能性もあるのです。

そんなアトピーの改善のためには、食事も大事ですが、乳酸菌を摂ることももっと大切です。

アトピーに対して効果的な乳酸菌を摂ることをこころがけることで、次第に綺麗な皮膚へと生まれ替ることができると言われています。

また、乳酸菌は胃腸などの消化器系を整え、免疫力が高まる成分として注目されています。

ちなみに、胃腸などの消化器系の状態が悪いと、口臭もクサくなったりします。

そんな場合は、乳酸菌も大切ですが、うる藍バリアの効果みたいに、口臭サプリもダイレクトに効果を発揮してくれますよ。

 

 

飲む日傘サプリの比較で価格もお手頃

私は乾燥肌のため、スキンケアには飲む日傘サプリやオイルのものを使用しています。

飲む日傘サプリとか、オイルを使用してマッサージをしたり、オイルを配合したパックを使ったりしています。

さらに、クリームの換りに普段からオイルを使用することにしているので、乾燥しづらい肌になりました。

常につるつるの肌になれてすごく嬉しいです。

肌荒れにお悩みの方は、セラミドを補うことで、効果があるようです。

セラミドというのは角質層内の細胞と細胞の間にふくまれた水分や油分を蓄えた「細胞間脂質」です。

角質層には何層もの角質細胞が重なっていて、このセラミドが接着剤となって細胞同士が結合しています。

皮膚の表面の健康を維持するバリアとしての働きもあるため、足りなくなると肌荒れに繋がるのです。

また、洗顔後の保湿はドライスキンの予防・改善に必要で、これをおろそかにするとますます肌が乾燥してしまいます。

加えてクレンジングやメイク用品についても、保湿力のあるものにする必要があるようです。

さらに、入浴剤を浴槽に入れたり、温度の高いお湯を使わないというのも乾燥肌に効果があるようです。

私は秋冬になると乾燥が酷くなるため、紫外線対策用の飲む日傘サプリや年齢肌ケア用の化粧水に変えました。

やはり年齢肌に着目した商品ですし、飲む日傘サプリの比較で価格もお手頃なだけあって効果を実感します。

実際、化粧水のみで、肌がもっちりと水気を帯びるので、その後の乳液なども、厚みを少なくのばすだけでいい感じです。

特に次の日の肌がピンとして、ファンデーションも美しくのって大満足なので、今後も使っていきたいと思っています。

 

 

シロツメクサで作ったリース

家庭菜園をしている場所に、初夏の草花が生い茂っています。

中でもシロツメクサが、真っ盛りです。

平凡な花ですが、温かみのある白色と丸いシルエットが清楚で、可愛らしい花です。

そんな花たちを眺めていると、無性に摘みたくなってきます。

子供の頃にシロツメクサで、王冠やネックレスを、何度となく作った記憶があります。

でも、誰も作り方を教えてくれなかったので、上手ではありませんでした。

だから今でも作り方は知りませんが、一つ言えることがあります。

花のアクセサリー作りは、簡単な様でけっこう難しいのです。

大きな物を作ると、大量の花が要るし時間もかかります。

去年のこの時期も、シロツメクサを摘み、自己流ながら苦心して、大き目のリースを作りました。

作っている間に花が萎れてしまいそうなものですが、意外と時間が経っても、鑑賞にたえます。

だから、完成したリースは木戸に引っ掛けておきました。

家族の者はそのリースを見たと思うのですが、何故かノーコメントでした。

そんなことを思い出しながら、何気なく3本の花を摘みました。

茎が長かったので、三本を束ねて三つ編みにしました。

作っている途中で「ブレスレットにいいかも」と思ったので、腕に巻いてみました。

茎の下端を、編み始めの目に差し込んだら、うまい具合に留められました。

これはひょっとして、私の発明でしょうか、それとも、もう同じような作り方を知っている人がいるのでしょうか。

このときばかりは花遊びをしそうな、「小さい子」がいないのが残念です。

ちなみに、花遊びしている時は、加齢臭の対策にサプリメントは必要なさそうです。

 

 

仕事に対する考え方

私は午前中は与えられた仕事を、ただ淡々としています。

でも、一旦休憩に入り再び仕事を始めると、先ほどと同じ仕事をしているにもかかわらず、そんなに時間が経っていないのに疲れを感じます。

それは身体的に疲れているというわけではなく、ただ淡々と同じ仕事をしているためだと思います。

そのため、計算を間違えてしまったり、色々考え事をしながら作業したりしているから、体がダルい感じがするのです。

それでも、分からない所があれば、自分でマニュアルを見たりしながらの繰り返しの作業です。

それ自体が嫌ではないのですが、どうしても同じ仕事を続ける事で精神的に疲れてしまいます。

そして、昼食をはさんで午後になると、急に眠気が襲ってくるので、それと闘いながら仕事をするのはとてもきついです。

そのようになる度に、いつも夜は、きちんと寝ておけばよかったと後悔します。

仕事が終わって掃除をする時間になると、体を動かすので、今までの眠気は嘘のように吹っ飛びます。

いつも仕事の日は、このような事の繰り返しです。

このままこのような仕事を続けても、給料はもらえますが、自分の中で変わり映えのしない毎日に何か納得できません。

なお、私の会社では、毎日の仕事量がどれだけ出来たかが、数字になって現れます。

それを少しずつ増やせるように努力することで、眠気を覚えている暇も、考え事をしている暇も無くなるように努力はしています。

少しでも仕事量が増えた日は、自分の中でとても嬉しいですし、達成感も生まれます。

また、その成果に対して、たまに上司にほめられたりすることもあります。

こんな感じで、もっとやりがいを持って仕事をすることで、毎日が楽しくなると思うので、仕事に対する考え方を変えていこうと思っています。

ちなみに、3か月ぐらい前までは、便秘がひどくて仕事ももっとつらかったのですが、濃い藍の青汁の効果で、体はずいぶん楽になりました。

 

 

釣りは最高の趣味だけど唯一の悩みが・・・

私の趣味の一つは、釣りです。

『釣り』と一言で言っても、様々な種類の釣りがあります。

また、それぞれの季節によって、釣れる魚が違ったり、同じ魚でも、季節によって脂の乗りが違ったりするので、とても奥が深いです。

竿を垂らして、当たりをひたすら待つ釣り方もあれば、アグレッシブに、ルアーを動かして、魚を誘う釣りなど多種多様です。

その中でも、私が得意にしているのが、ルアー釣りです。

エサではなく、ルアーを使って、自分で釣り上げたという感覚が、何といっても、この釣りの醍醐味です。

釣りをしていると、時間が経つのが早く感じるのです。

なぜなら、普段の生活では考えられないような集中力で、つり糸から伝わる全てを感じ取っているからだと思います。

そして、集中しているので、朝から晩まで一日中であっても、信じられないような集中力で釣りをし続けることが出来るのです。

といっても、やはり最大の楽しみは、自分で釣り上げた新鮮な魚を、自らで料理して食することです。

以前、スーパーの鮮魚部門で働いていたこともあるので、捌くことができます。

そのため、刺身や塩焼き、煮付けなど、色々な調理をして、新鮮な魚の味を楽しみます。

自分で釣り上げた魚を食べるのは、店で買ったものを食べるより、どこか満足感があります。

また、釣りをしている時の話を、仲間とああだこうだ言いながら食べるのも最高のひとときです。

魚がヒットしたときの興奮や、釣り上げたときの喜びを味わえ、その上食べることができるのが最高の幸せだと思います。

そんな私でも、唯一の悩みがありました。

それが便秘で、トイレに行く度に苦痛で、毎回もがき苦しんでいる状態だったのです。

その便秘も、藍の青汁を毎朝1杯飲むだけで、今までの苦痛は何だったの?っていうぐらいスッキリ出るようになりました。

今は、藍の青汁の口コミにおいしい飲み方などもいっぱい書いてあったので、それを一つづつ試している途中です。

 

 

歩いて健康と笑顔の私のウォーキング通勤

私がウォーキングを始めたきっかけは、特に“趣味として始めよう”とか“健康のために毎日どれくらい歩こう”などと気構えて初めたわけではありませんでした。

訳あって車通勤ができなくなり、よく考えると通勤手段に苦慮するような場所に“たまたま”職場があったことで、「あら、仕方ない」と歩いて通勤。

それがきっかけで、かれこれもう8年近くになるでしょうか?

一体、一日どのくらい歩いているか、万歩計で自己調査してみました。

家を出たところからスタート、帰宅したら数字を見る感じです。

そこそこ幅はありますが、仕事に行っているときの一日当たりの歩数は、1万4000歩~1万7000歩くらいでした。

特に、普段鍛えている訳ではありませんので、1万7000までいくと流石にクタクタです。

「継続は力なり」と言いますが、ある程度の年数が経ってくると、他の人(そんなに歩かない車利用の人)との差というのを感じてくるようになります。

姿勢がいいとか、動きがテキパキしているとか、風邪をひきにくいとか、別に歩いているからというわけではないのかもしれません。

ですが、周りから「やっぱり毎日歩いてる人は違う」と、言われることが多々あります。

また、歩くことで血液の循環が良くなるからでしょうか、女性に多い“不眠”や“便秘”などが皆無です。

歩きながら目に入ってくる景色になにをか思い、ふと気が付くと、色々な考え事をしていたりします。

そして、何だか心や身体に“うっ血”していた不要ブツが、歩くことで“浄化”される思いがしています。

堅苦しく義務にしないで、気持ちのいい距離を気持ちよく歩くことから始めると良いですね。

でも、歩いた後は汗をかいているので、体臭が臭い人は通勤は要注意ですよ。

 

 

お買い物で春モデルを買う際のポイントとは?

2月も後半になりましたね。

私は、今年に入ってからこれといった大きな買い物もせず、小さな日用品をちょこちょこ買う程度であまり洋服やコートといった部類のものは買っていません。

しかし、買い物をするなら2月が1番!というようなこんな情報を手に入れました。

その理由は、「冬物一掃セール」や「在庫処分」「決算セール」といったセールが多くなるからだそうです。

寒いとなかなか外に出るのもおっくうになってきます。

ですが、そうすると当然お買い物客も減るようになるので、お店側でも購買意欲を高めるために値段を安くして集客を狙うそうです。

もうしばしば目にしているかもしれませんが、2月中旬になると店内に春ものや春モデルのものが店頭に並びはじめます。

なので、冬物、冬モデルは型落ち品として大幅値下げの対象になることがとても多いそうです。

しかし、値引き率が高いものほど売れ残りであるということも念頭に置いておくことも大切です。

そして、自分自身の好みに合っているか、汎用性はあるか、定価でも買おうか悩んでいたか、などを考慮しながら購入するようにしましょう。

また、プレミアムフライデーの影響もあり、安さに拍車がかかることが考えられるそうです。

そもそも、プレミアムフライデーとは、月末の金曜日に早く仕事をあがって買い物や食事に出かけることをすすめるキャンペーンのひとつです。

なので、ただでさえ安い傾向のある2月ですが、このプレミアムフライデーとかさなることでより販売競争が高まりセールに拍車がかかると考えられます。

これを狙って、今月末は買い物に出かけてみようかと思いました。